今の会社で働き続けて良い?3つのチェックポイントとは?

転職した方が良い人の特徴

今の会社で働き続けて良い?3つのチェックポイントとは?

人によっては現在、職場で働き続けることに疑問を覚えないかもしれませんが、そうでない方も多いです。

 

人生の分かれ道

 

年齢的にも転職したほうが良いのであれば、今のうちにしておこうと考える方も多いでしょう。

 

今の職場で仕事をずっとしていくほうが良いのか見極めるポイントを以下にまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

 

今の会社で働く将来の自分をイメージしてみる

 

たとえば10年後、現状と変わらない職場で仕事をし活躍している自分を思い浮かべてみると良いでしょう。

 

果たしてその姿に憧れを持てるでしょうか?

 

持てる方は、今のところは無理に職場を変えるようなことはしなくても良いでしょう。

 

逆に以下のような自分の姿をイメージしたという方はいないでしょうか?

 

  • 憧れを持てない
  • 出世していない
  • 低収入のまま
  • 希望していない転勤をしている

 

このようなネガティブなイメージを持った方は、転職を検討してみても良いかもしれません。

 

とくに収入が少ないのであれば、結婚や子育て、親の介護などに大きく影響する問題ですので、早めに転職のために動いたほうが良いといえるでしょう。

 

既に現状でやりがいを感じていないということであれば、見切りをつけやすいでしょう。

 

今の業界に10年後20年後も社会的な需要は見込めるのか?

 

現在の職場で働き続けていて良いものか、迷ったときには自分が仕事をしている業界の将来を考えてみましょう。

 

現役でいるあいだ、社会的需要はまず間違いなくあるだろうと思える業界であれば、転職活動を無理にする必要はないといえます。

 

しかし10年先や20年先と長い目で見ると、社会的需要が見込めないと考えることができる業界であれば、別の業界に移るのが良いかもしれません。

 

ニーズがなくなるということは、仕事を失ってしまうことを意味しているためです。

 

将来の自分の年齢が40歳代などで、未経験の業界に飛び込むとなると、再就職はかなり厳しくなると思って良いでしょう。

 

中途採用を積極的に行っている企業は多いですが、経験者を優先的に雇いたいと思っているところが圧倒的多数を占めるのは想像に難くありません。

 

リスクが現実のものになってしまう前に、何十年先までニーズがあるような分野の仕事に就くことで、自分の意思と無関係な失業を回避できます。

 

将来の社会的な需要が見込めるか分からない場合は?

 

とはいえ、中には自分が働いている業界の10年後や20年後が想像できないという方もいるでしょう。

 

その場合には、無料で登録利用可能な転職サイトを試してみることをおすすめします。

 

別の業種や職種として何があるのか把握するのに役立ちますし、良い業界が見つかればそのまま転職活動に利用することが可能なためです。

 

転職サイトは情報量が多いため、現状の仕事と比較してみると良いでしょう。

 

転職サイトで別の業種や職種と比較する際のポイント

 

比較対象が多いほど、今の自分の状況を客観的に判断することができます。

 

中には今の自分が勤めている会社より、好待遇な仕事も見つかることもあるでしょう。

 

移ろうか迷う方もいるでしょうが、別の業種や職種も今は良いけれど、長い目で見ると社会的な需要がなくなっていく仕事かもしれません。

 

転職で別の業界に飛び込むことを検討する場合も、その業界に将来性があるかどうかは十分にリサーチしたほうが良いでしょう。

 

今の会社で働く自分の姿や業界に明るい未来が想像できない場合には、現状と違う業界に移るアクションを早めに起こすことをおすすめします。

 

早く社会的需要が長く続く分野に飛び込むことで、早く経験を積み、出世したり高収入を得たりすることができる確率がアップするといえるでしょう。

転職した方が良い人の特徴