【価値観押し付け】ヒステリックな上司との賢い付き合い方とは?

転職した方が良い人の特徴

【価値観押し付け】ヒステリックな上司との賢い付き合い方とは?

上司の中にはヒステリックで、自分の価値観を上から目線で押し付けてくるタイプもいます。

 

価値観を押し付けられる

 

非常に厄介な上司になるわけですが、上から目線のタイプとはどうやって付き合えばいいのでしょう。

 

ヒステリックな上司との賢い付き合い方について考えてみます。

 

好意的に接してみる

 

ヒステリックになるということは、上司なりに何かイライラするようなことがあるのかもしれません。

 

その理由まで探る必要はありませんが、とりあえず好意的に接するよう意識してみるのも1つの方法だと思います。

 

何を言われても上司の意見を肯定的に捉え、基本的に受け入れる方向で話をしてみましょう。

 

上司としても悪い気はしませんし、機嫌が良くなることでヒステリックな態度も改善される可能性があります。

 

上から目線でこられるとこちらも嫌な気持ちになりますし、好意的に受け入れることが難しくなりますが、こちらのそんな気持ちが状況をさらに悪化させていることも考えられます。

 

まずは好意的に接するようにし、上司の対応が変化するかどうか様子見をするのもおすすめです。

 

もしこれで改善すれば問題ありませんし、駄目だとしても別な対応策を考えればいいだけです。

 

いずれにしても転職でもしない限りその上司とはこれからも付き合うことになるので、長い目で見てどうするべきかを考えることも大切でしょう。

 

相手の神経を逆撫でしないこと、これがポイントになりそうです。

 

何を言われても気にしない

 

これができればもっとも理想的な付き合い方になるのではないでしょうか。

 

上司だからと気を遣いすぎる必要はありません、何を言われても気にせず、軽く受け流すくらいの気持ちで接してみるのもいいと思います。

 

相手の性格や態度を改善するのが難しいなら、後はもう自分自身が付き合い方を変えるしかありません。

 

露骨に態度に表すのはよくありませんが、何を言われても心の中で「はいはい」と受け流してみましょう。

 

自分が気にしなければ上司がどんな人間であっても特に何も感じなくなります。

 

ある意味で諦めの境地とも言えますが、相手が上司である以上、諦めも大事なことかもしれません。

 

あまり深入りせず、あくまでも仕事上の付き合いだと割り切ってドライな関係を構築する、これも社会人に求められるスキルの1つでしょう。

 

いつか自分か上司の立場や部署が変わり、関わることもなくなるかもしれません。

 

少なくとも一生付き合うわけではないですから、深く考えないことも必要です。

 

転職するのもアリ

 

「どうしても上司の態度が気に入らない」「これ以上は我慢できない」そういう時は思い切って転職するのも1つの方法だと思います。

 

転職すればその上司と仕事をすることはなくなります。

 

転職先にも似たような上司がいるかもしれないという不安は残りますが、今の状況を大きく変えるのに転職は有効です。

 

多くの人は今の職場に残りながら、なんとかしようと頑張るものですが、それが肉体的にも精神的にも大きな負担になることがあります。

 

結果、自分がとても辛い思いをしてしまうこともあり、我慢しすぎるのは決して良いことではないと思います。

 

働ける場所は1つではないので、どうしても今の職場が無理だと感じたら転職を検討してみましょう。

 

転職するってなると、ひと昔前は落第者のレッテルを貼られる風習がありましたが、今は逆ですね。

 

私の周りでは、転職していない人が少ないくらいです…。

 

転職が上手くいえばより良い環境で働けるようになり、自身のステップアップにもつながります。

 

転職すると環境や待遇が悪くなるんだと偏見を持っている人もいますが、実際には改善されるケースも多く、私は転職して快適さが肌感覚で5倍くらいになったのを実感しました。

 

転職は悪いことではないので、無理に今の仕事を続けるくらいなら仕事を変える選択肢も含めて考えてみましょう。

 

嫌な上司との付き合い方はとても難しいものです。

 

なんとか状況を改善できればいいのですが、それが難しいと判断できる時は転職するのも良い方法になるはずです。

 

上司のために自分が無理をするなんてことないよう、できることをやっていくのが大切だと考えます。

転職した方が良い人の特徴