独身で家族を持つつもりがないなら一生フリーターで何が悪い?

転職した方が良い人の特徴

独身で家族を持つつもりがないなら一生フリーターで何が悪い?

一生独身で家族を持つつもりがないなら、自分1人が行きていくだけのお金を稼げれば十分と言えます。

 

フリーターでゲーム三昧

 

その場合、正社員ではなくフリーターとして行きていく選択肢も生まれますが、フリーターでい続けることにどんなメリットとデメリットがあるのでしょう。

 

フリーターという生き方について考えます。

 

フリーターのメリットとは?

 

フリーターの最大のメリット、それは自由な働き方ができることでしょう。

 

たとえばフリーターの場合、仕事もシフト制のことが多いので、毎月の仕事量をある程度自分で管理できます。

 

この日は休みにしたいとか、今月はいつもより仕事を増やそうとか、柔軟に対応できるのが魅力です。

 

いわゆるアルバイトなので予定が入った時にも休日がとりやすく、正社員のように毎日毎日決まった時間働く必要はないわけです。

 

自分のペースで働きたい、プライベートの時間も確保したい、そんな人にとってはとてもありがたいでしょう。

 

また正社員ほどの責任がないので、気持ちの面で楽というのもメリットです。

 

会社もアルバイトの人にはそれほど重要な仕事は与えないので、簡単な仕事をこなせば良いことが多く、ストレスを抱えにくいのがフリーターです。

 

毎日の仕事でストレスを溜め、体調を崩してしまうような正社員も多い中、これも大きなメリットではないでしょうか?

 

バイト先なら、いくらでも見つかるのがこのご時世です。

 

色々な職種を経験できるのも、フリーターならではのメリットかもしれません。

 

出張や転勤なども基本的に無く、仕事の都合で自分の生活が大きく変わるようなこともありません。

 

周りの人たちが狂ったように仕事中心の人生を送る中、気楽な稼業だなぁと優越感に浸れることもあるでしょう。

 

フリーターのデメリットとは?

 

デメリットとして考えられることもいくつかあります。

 

たとえば収入がどうしても正社員より低くなってしまう、これはフリーターのデメリットの1つです。

 

今の収入で満足しているなら特に問題ありませんが、もっと給料をもらいたいと考えるならフリーターを続けるのは難しいかもしれません。

 

フリーターでも給料がアップすることはありますが、正社員ほどのアップは見込めませんし、基本的に出世がないので出世による給料アップも期待できません。

 

バイト頭になって、時給10円アップとかはありますが…。

 

さらに正社員の場合は厚生年金や雇用保険に加入できますが、フリーターは加入しません。

 

保険への加入という点で比較すると正社員との差は大きく、これもデメリットでしょう。

 

他にも重要な仕事を任せてもらえないので実務経験が積みにくいことや、福利厚生で正社員と同等の扱いをしてもらえないといったことがデメリットと考えられます。

 

こうしたデメリットを受け入れられるかも大事です。

 

一生フリーターで問題ない?

 

フリーターにはメリットもあり、一生フリーターで生きることも決して不可能ではありません。

 

自分がそれで納得しているなら、正社員にはならないという選択肢もあるわけです。

 

ただし、フリーターでい続けることには苦労も多いと考えておくべきでしょう。

 

収入が低いことで将来的に経済的な問題を抱える可能性がありますし、正社員と違って簡単に解雇されてしまうリスクもあります。

 

また年齢を重ねるほど採用してくれる会社も少なくなっていくため、長く続けられる会社を見つけないと将来的に働く先が見つからないなんてこともあり得ます。

 

家族を持ちたいと思ったときでも、相手先の両親がフリーターであることを認めてくれなかったり、経済的に家族を養っていく余裕が無かったり…。

 

時間が経てば考え方が変わることもあり、もし正社員になりたいと思うようになっても、これまでフリーターでい続けたせいで正社員として働く先が見つからないこともリスクです。

 

フリーターは気楽に働ける反面、リスクもあるので本当にずっとフリーターで良いのか、しっかり考えましょう。

 

独身であればフリーターのままでも収入的にはそう大きな問題は起こらないはずです。

 

とはいえフリーターでいることのデメリットも踏まえて、将来のことを考えるようにしましょう。

 

でないと後で後悔することになるかもしれません。

転職した方が良い人の特徴