パワハラ気味の上司から週に3回は飲みを強制される!

転職した方が良い人の特徴

パワハラ気味の上司から週に3回は飲みを強制される!対処法とは?

私は20代後半の独身男性で、サッカー好き、お酒は苦手です。

 

20代男性

 

週の半分は上司に「無理やり」飲みに付き合わされていることに悩まされていました。

 

今は誘われることはなくなっていましたが、当時私が検討した対策を以下にまとめてみますので、同じような問題を抱えている方はぜひご覧ください。

 

部署異動願いを出す

 

今はハラスメントに厳しい世の中になっていますので、飲み会への参加を無理強いするような上司は減っているかもしれません。

 

しかし、まだまだ悩まされている方は少なくないのではないでしょうか?

 

その場合、会社に部署異動の希望を出してみると、上司との関わりをなくすことができるきっかけになるでしょう。

 

その際には人事部や別の上司にパワハラやアルハラが理由と、はっきり伝えてしまっても問題ないのではないでしょうか?

 

その結果、異動の希望が通らなかったとしても、飲みを強制してくる上司に対して指導が入り、以降無理に誘ってくることはなくなるかもしれません。

 

告げ口をされた腹いせに精神的な嫌がらせをしてくることもあるかもしれませんが、今度はモラハラで再度異動願いを出せば良いでしょう。

 

ひどいようであれば弁護士に相談をして訴えるといえば、さすがに諦めてくれるのではないでしょうか?

 

実際に、社内の人間関係で弁護士沙汰になるケースは少なくありません。

 

飲み会を断る&上手な断り方

 

強制されるといっても連れ去られているわけではありませんので、頑なに断るのも良いでしょう。

 

仕事上での上司との関係悪化を回避したければ、はっきり行きたくないというよりは、角が立たない断り方をするのがおすすめです。

 

  • 子供の面倒を見ないといけない
  • 家族と約束がある
  • 頻回の飲み会への参加で離婚危機に
  • 介護をしなければいけない

 

高頻度の飲み会参加は体に多大な負担をかけますので、肝臓の数値などが悪く医師に飲酒を止められた、このままだと止められるというのもアリです。

 

よくある失敗

 

理解のある人であれば、相手が飲み会に行きたくない人であるかどうかは、誘って断られたときの雰囲気でわかるものです。

 

そういう人にまた誘ってくださいと飲み会への参加を断ったとしても、次回以降は察してくれて声をかけてきません。

 

しかし、ハラスメントをするようなタイプの人はまた誘ってくださいといえば、本当にしつこく次も誘ってきます。

 

単純に、究極のKY(空気読めない)なのです!

 

いつだったら参加できるのかといってくることもありますが、先のことはわからないので、申し訳ありませんと断ってしまったほうが良いでしょう。

 

そして、行けるときはこちらからいいますと伝えるのも良いのではないでしょうか?

 

転職サイトに登録して再出発の準備をする

 

自分が断れない性格で、部署異動も難しいということであれば、転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

 

このページをご覧の方は、飲みの強要に対する対処法に関心があるくらいですから、断るのが難しいと考えている人が多いことでしょう。

 

環境を変えなければ不要なストレスをため込むことでメンタルに異常が出ることや、本当に肝臓などを壊してしまうようなことにもなりかねません。

 

飲みのしつこい誘いが止まらなければ、転職サイトで見つけた好条件の求人に応募して、再出発を図るのもおすすめです。

 

退職後に次の仕事を探すと仕事での収入源がなくなってしまうため、今の職場での仕事を継続しつつ転職先を探すのが良いでしょう。

 

毎日転職サイトを訪問するのが面倒な場合は、以下のような特徴のあるサイトに登録しておくと良いでしょう。

 

  • 転職サイトに登録した自己プロフィールを閲覧した企業からオファーがくるところ
  • 自分が登録した転職先に希望する条件を満たした企業の求人情報が出たときメールで通知してくれるところ

 

この条件を満たしている転職サイトであれば、オファーがきたり希望条件に合った求人情報が追加されたときだけアクセスすれば良くなります。

 

頻繁にサイトをチェックする煩わしさから開放されるため、その分、別のことに時間を使うことが可能です。

 

飲み会が上司のおごりならまだマシですが、割り勘で3,000円程度の出費があればお金の無駄ですし、2時間やそれ以上などの拘束時間も無駄です。

 

1日5分でも転職サイトを閲覧する時間に使えば、転職市場の動向がつかめてきますし、優良企業を探す目も肥えてきます。

 

時間の使い方が、将来の立場を決めます。

 

お金や時間を有益に使い、優良企業へ転職する、資格取得など自己投資して転職に活かすなど…。

 

あなたにとってプラスになる、「投資」という概念をもって行動していきましょう。

 

転職サイトに登録することも、まずは小さな投資的な行動と言えます。

転職した方が良い人の特徴