正社員なのに最低賃金ぎりぎりの基本給の場合、転職した方が良い?

転職した方が良い人の特徴

正社員なのに最低賃金ぎりぎりの基本給の場合、転職した方が良い?

正社員であれば必ず好待遇で仕事ができるとは限りません。

 

給与明細

 

人によってはアルバイトや派遣であっても、正社員以上の高給を得て、自由気ままに生活を送っています。

 

基本給が低いと転職が頭をよぎる方も少なくないでしょうが、本格的に転職活動をはじめたほうが良いのか、その判断材料を今回はご紹介しましょう。

 

能力給や各種手当を加味した固定給で判断する

 

最低賃金と大差ない金額の基本給であることに不満を感じている場合、能力給や各種手当などを含めいくらもらっているか確認してみましょう。

 

基本給は低くても、能力給や各種手当などをトータルすると、毎月の固定給が満足できる金額である場合、焦って転職しなくても良いと考えられます。

 

転職を基本給だけを見て決めてしまうと、思わぬ失敗を招くことにもなりかねません。

 

たとえば、現状の職場と比較して基本給が高い求人情報を発見して応募、選考の結果採用になったとしましょう。

 

新しい職場に能力給や各種手当などが充実していないと、前の職場のほうが毎月の固定給が高いということになりかねません。

 

また今の職場は賞与が年に何回かある場合も、転職で失敗してしまう場合があります。

 

新しい職場で賞与はなし、あっても金額が安く回数が少ない場合には、以前の職場のほうが高年収を稼げたのにということになりかねません。

 

こうした理由で、基本給ばかりにとらわれて転職を決断してはいけないというわけです。

 

私の場合は、福利厚生が無くなる落とし穴も経験しました。

 

家賃補助だったり、交通費支給だったり、日常生活に関係してくる見えにくい恩恵を失うことも考慮しましょう。

 

能力給や各種手当などがなければ転職を検討してみるのもあり

 

転職を検討してみる価値があるのは、基本給が最低賃金ギリギリで、なおかつ能力給や各種手当、ボーナスなどがない場合です。

 

さらに今後の昇格昇給も期待することができない場合、余計に転職を考えたほうが良いといえるでしょう。

 

家族の収入を合算していると十分に生活はやっていけている、いまの暮らしに満足している場合は無理に転職することはすすめません。

 

しかし生活が苦しい、現状の生活に不満を感じているということであれば、転職活動をはじめたほうが良いでしょう。

 

転職活動を開始する上で押さえておきたいこと

 

いまの職場を辞めた上で、本格的に転職活動をはじめようと思う方もいるでしょう。

 

退職後しばらくは、失業手当は出るでしょうが、今の給料と同額が受け取れるわけではありません。

 

また、ずっと支給を受け続けることができるわけでもないです。

 

したがって、現状の仕事は継続しつつ、転職活動を進めていくというのが、収入を減らすことなく次の職場に移るためのポイントとなります。

 

転職サイトや転職エージェントを利用する

 

今の職場を辞めずに転職活動をしたほうが良いといわれても、ハローワークが開いている曜日・時間は仕事をしている方が多いでしょう。

 

ハローワークには下記のような特徴があります。

 

  • ハローワークは平日の昼間しか開いていない
  • 求人情報の検索自体はハローワークのインターネットサービスで可能
  • 求人情報への応募は窓口まで行ってしなければいけない

 

わざわざ行っている暇はない、転職活動は仕事を続けている限り無理と思っている方も少なくないでしょう。

 

そのような方は、転職サイトや転職エージェントを使えば、仕事を継続しつつ転職活動を進めていくことができるためおすすめです。

 

転職サイトは仕事のない土日祝日や早朝深夜でも求人情報の検索が可能で、今の仕事を辞めることなく転職活動を進めることができます。

 

自分の学歴やスキル、職歴などの情報を登録しておけば、アナタに興味を持った企業がスカウトしてくる転職サイトもあります。

 

また自分の希望条件に合った企業の求人情報が掲載されれば、メールで知らせてくれる転職サイトもあり便利です。

 

これに対し、転職エージェントは専任のスタッフがアナタの希望や適正に合った仕事を紹介してくれます。

 

また転職エージェントは履歴書や職務経歴書などの書類の添削や面接対策、企業側との面接の日程調整や条件交渉などもしてくれるサービスです。

 

転職サイトと転職エージェントに共通しているのは、登録利用が無料であり、ネットに繋がる環境さえあれば良い点です。

 

どちらかのみ、あるいは併用していまより条件の良い、満足できる転職先探しに役立てると良いでしょう。

転職した方が良い人の特徴