きみが転職するのは勿体ない!あなたが人に言われた時に考えてみるべき事とは?

転職した方が良い人の特徴

きみが転職するのは勿体ない!あなたが人に言われた時に考えてみるべき事とは?

同僚社員や先輩社員、上司に転職したいことを伝えると、きみが転職するなんて勿体ないと言われることもあります。

 

説得

 

もしこう言われたら何を考えるべきなのか、その点について考えてみましょう。

 

転職は労働環境を大きく変化させますので、慎重に考えて進めることが大切です。

 

辞めたい理由を改めて考える

 

転職するのは勿体ないという言葉は、要は引き止めの言葉です。

 

このままこの会社で働き続けてほしいという意思をあなたに伝えているわけです。

 

そこまで評価してくれているならありがたいことですが、ここでもう一度転職しようと思った理由を考えてみましょう。

 

たとえば、仕事の内容がどうしても嫌でこれ以上働くのは無理だと感じる場合、やはり転職がもっとも有効な対策になると思います。

 

ならばこのまま会社に残っていても仕方がないので、なんと言われても転職活動に踏み出すのが良いのではないでしょうか。

 

逆に、特に明確な理由がなく漠然と転職を考えているなら、考え直す余地もあるでしょう。

 

転職したからといって今より良い状況になるとは限りません。

 

後で後悔しても遅いので、自分はなぜ転職したいと考えているのか、本当に転職することがベストな選択なのかを検討しましょう。

 

勿体ないと言われるくらいですから、あなたの働きは評価されている可能性が高く、むやみに転職することが良い結果になるかどうかも不透明です。

 

自分のことを思ってくれているのか

 

特に上司に多く見られるケースなのですが、転職されると人材が減る、仕事量が増えるなどの理由から勿体ないと引き止めてくる可能性もあります。

 

この場合、転職を考えているあなたのことを思って引き止めているのではなく、あくまでも自分が大変になるのが嫌で引き止めているのです。

 

ストレートに仕事が増えるのが嫌だとは言えないので、勿体ないと言うわけです。

 

この場合、何を言われても気にする必要はありません。

 

結局のところ自分の都合で転職してほしくないだけなので、引き止められたからと転職を考え直す必要もないと思います。

 

自分が転職したいと感じているその気持ちを優先し、決意が固いことを伝えるべきでしょう。

 

転職の相談をすると引き止められることは多いですが、それは会社の都合を考えてのことも珍しくありません。

 

大事なのは自分がやりがいのある職場で働けるかどうかなので、周りに流されず自分の決断を信じることも大切でしょう。

 

転職してどういう結果が待っているのか

 

転職を考える人はみな、今よりももっと良い会社で働きたい、ステップアップしたい、そんなふうに考えるものです。

 

ですが転職が必ず成功するとは限らず、転職した結果さらに悪い状況に陥ってしまう人がいるのも事実です。

 

もし勿体ないと言われたら、改めて転職することの結果について考えてみるのもいいでしょう。

 

たとえば同業他社へ転職を考えている場合、仕事の内容は基本的に同じようなものなので、それほど大きく環境も変化しません。

 

それなら今の会社で働き続けるのも1つの方法かもしれず、転職イコール成功と考えるのは危険かもしれません。

 

収入面などで確実にステップアップできる保証があるならかまいませんが、そうでないなら転職にはリスクもあります。

 

本当に転職すべきかどうかを考える良い機会にもなりますので、もし勿体ないと引き止められたら改めて転職という決断に間違いがないか考えてみましょう。

 

転職したい時というのは、周りが見えなくなっている可能性もあります。

 

勿体ないと言われるのには何か理由がありますから、その理由がなんなのかを考え、転職した方が良い結果になるのかを慎重に判断しましょう。

 

しっかり考えたうえでの決断であれば、転職するにしろ転職しないにしろ後悔することもなくなると思います。

転職した方が良い人の特徴