転職は退職後ではなく在職中に始めるべき3つの理由とは?

転職した方が良い人の特徴

転職は退職後ではなく在職中に始めるべき3つの理由とは?

転職活動は退職してからではなく、在職中に始めるべきと言われています。

 

仕事中の男性

 

なぜ退職してからでは駄目なのか、3つの理由を見ていきましょう。

 

これを見れば在職中に転職を始めることの大切さがわかると思います。

 

経済的な不安

 

退職をしているということは、次の職場が決まるまで収入がないわけです。

 

最初のうちは貯金があるかもしれませし、失業保険もあるんだから大丈夫だろうと考える人も多いのですが、これが大きな間違いです。

 

実際に仕事を退職して転職活動を始めると、収入がない事実が気持ちを不安にさせるのです。

 

もちろん、経済状況によっては全く気にならない人もいるでしょうが、多くの人は経済的な不安を感じるようになります。

 

仕事を辞めていても今までどおり生活をしなくてはいけませんし、転職活動にも費用がかかります。

 

「貯金がなくなったらどうしよう」「失業保険があると言ってもいつまでも転職できなかったらどうしよう」そんな不安が襲ってきます。

 

在職中に転職活動を始めれば、少なくとも経済的な不安は解消されます。

 

在職中であれば給料が毎月もらえるのですから、その点は心配ありません。

 

経済的に不安になると早く職場を決めようと焦り、これが失敗につながることもあるので注意しましょう。

 

焦って妥協してしまう

 

先程も少し触れましたが、退職後に転職活動を始めると、早く次の職場を決めなきゃいけないと焦ってしまうものです。

 

焦った結果、妥協してしまうことで転職が失敗に終わるケースも少なくありません。

 

多くの人は転職活動を始めた直後、理想の職場を描いていて、そういう職場が見つかるまで頑張ろうと考えます。

 

ですが時間が経つに連れ焦っていき、最後にはとにかく決まればどこでも良いという気持ちで転職活動をしてしまいます。

 

お金の心配だけでなく、近親者からの「早く仕事しろ」の圧力も思いのほか大きいものです。

 

これだと職場を選ぶ余裕がなくなり、今と変わらない職場だったり、最悪の場合は今よりもひどい職場に転職することになってしまいます。

 

職場の環境が悪ければまた辞めたいと思うようになり、もう1度転職することにもつながります。

 

これではまったくの時間の無駄ですし、改めて転職の苦労を味わわないといけません。

 

転職において焦りは禁物ですので、余裕をもって転職活動をするためにも在職中に転職先を決められるようにしましょう。

 

仕事と転職を並行するのは大変に思えるかもしれませんが、実は退職してから転職を始める方が精神的に大変です。

 

最悪でも今の仕事を続けられる

 

転職をすれば必ず事態が好転するわけではありません。

 

転職活動をしていて、やっぱり今の会社は良い職場だったんだなと感じることもあるかもしれないのです。

 

特に良い転職先が見つからない場合や、時間が経ってから考えると今の職場も悪くないと感じることがあると「転職そのものを考え直してもいいかも」と感じることがあります。

 

もしこの時すでに退職してしまっていればもう手遅れです。

 

元の会社に戻ることはできませんので、後悔しながら新しい職場を探すことになるでしょう。

 

上司や部下との人間関係から、衝動的に退職してしまった人にありがちな悩みです。

 

逆に在職中であれば、転職活動が最悪の結果に終わった時も、今の仕事をしばらく続けるという選択肢が残ります。

 

いわゆる保険のようなもので、気持ちに余裕を作るためにも重要なことです。

 

退職するともう後がなくなってしまうので、その点が退職後から転職活動を始める大きなデメリットとして考えられます。

 

もし転職が駄目でも今の仕事を続けられるよう、在職した状態で次の職場を探すようにしましょう。

 

退職後の転職活動は転職にだけ集中できるなど、メリットもたしかにあります。

 

ですがデメリットも多く、在職中に始めた方が安心感もあり余裕を持って妥協しない転職活動が可能です。

 

基本的に転職を考える時は在職中のうちから動き出し、転職先が決まってから今の会社を辞める流れにしましょう。

 

在職中でもスムーズに転職活動ができるように、転職サイトや転職エージェントを上手に活用しましょう!

転職した方が良い人の特徴