成果主義会社で年下上司に勝てない人の対処法とは?

転職した方が良い人の特徴

成果主義会社で年下上司に勝てない人の対処法とは?

自分が入社したときには既に自分より年下で、勤務歴が長い人間や階級が上の人間がいることは珍しくありません。

 

横柄な年下上司

 

何年か勤めていて、自分の職場に上司として異動してくる年下の人間もいるでしょう。

 

中には自分が営業の結果が悪いと、横柄な態度を取ってくる上司もいますが、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

自分が年上であることを忘れて教えてもらう

 

相手の性格や言動を変えることは、簡単なことではありません。

 

自分のほうが、立場が下ということであればなおさらでしょう。

 

相手に変わることが望めないのであれば、自分が変わるしかありません。

 

プライドが邪魔をする、年下が年上に対して礼儀を尽くすのが当たり前と思っている方は多いでしょう。

 

しかし、その考えを捨てて、年下上司に教えを乞うことによって、自分の営業成績にも良い変化が出てくる可能性があります。

 

仕事で自分が結果をしっかり出せるようになれば、年上上司の態度も変わってくるかもしれません。

 

面従腹背といって、腹の中では違うことを思っていても、表面上は従っているように見せているだけでも大丈夫です。

 

成果主義の会社であれば、自分の成績次第では年下上司との立場が逆転する可能性は十分にあるといえるでしょう。

 

私の場合は同級生の上司でしたが、ひどく横柄で最初のほうは悩みました。

 

しかし、一旦頭を切り替えて、その同級生上司を年上だとみなし、かつ実際に営業成績も優れていたので、そこを純粋に認めて尊敬するようにしました。

 

結果、その同級生上司とは非常に良好な関係を築けたことを実感しています。

 

考え方次第で、職場の人間関係なんてコロッと変わりますよ。

 

人事部や別の上司に相談して部署異動を願い出る

 

年下上司の横柄な態度にストレスがたまっていて、我慢が限界に達しそうなぐらいツライのであれば、ほかの人に相談してみましょう。

 

人事部や年下上司以外の上司に話をしてみると、解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

態度を改めるよう指導が入ることによって、態度が変わる可能性はあります。

 

このほかには、部署異動を申し出てみるというのもひとつの手です。

 

希望が通り別の部署で働くことができるようになれば、ストレスの原因である年下上司と絡むことがなくなり、ツライ思いをせずに済むでしょう。

 

部署異動の注意点として…。

 

今と異なる部署に移ったあと、異動先の部署に嫌な上司がいないとは限りません。

 

成果主義の会社は大抵の人間が自分の成績ばかりを気にしているため、周囲への配慮がなく全体が殺伐とした雰囲気になっていることが多いです。

 

別の部署に親しくしている人間がいる場合には、嫌な上司がいないか聞いておくのが良いといえるでしょう。

 

また、自己都合の部署異動の場合、給与や各種手当など待遇が見直されることがあるため、受け入れることができるかどうか考えておくことも大切です。

 

モチベーションが上がらないなら転職サイトに登録して在職中に転職先を探すのもあり

 

自分の営業成績を良くし、年下上司に勝ってやろうという気持ちがわき起こってこない方もいるでしょう。

 

また別の部署に移ってまで、今の職場にしがみつこうとも思えないという方もいるはずです。

 

その場合には、転職サイトに登録して転職活動を開始してみてはいかがでしょうか?

 

なお、在職中に転職先探しを行うことには、下記の理由があります。

 

  • 転職の話が決まるまでの収入確保
  • 転職活動中にやっぱり今の職場に残りたいと思ったときの保険
  • 転職サイトであればいつでもどこでも求人情報探しができる

 

転職は今の仕事を辞めてから…と考える人が多いようですが、転職は在職中にやるからこそメリットが多いのが事実です。

 

転職サイトはネットの接続環境さえあれば、早朝でも深夜でも、土日祝日でも転職先探しが行えます。

 

これは平日昼間にしか開いていないハローワークとは大きく異なる点といえるでしょう。

 

今の仕事を続けて収入を確保しつつ、転職先探しができるのが、転職サイトの魅力のひとつといえます。

 

この転職サイトの魅力によって、以前は在職中の転職は大変で難しいと考えられていた価値観が崩壊しました。

 

営業成績が現状悪いのであれば、今の職場に退職願いを出しても無理な引き止めにあう可能性は低いといえるでしょう。

 

転職をする際に注意したいのは、転職後の会社では同じタイミングで入社した人間以外は全員が先輩であることです。

 

変なプライドは捨て、相手が年下であろうと礼儀正しく、教えを乞うことは欠かせないといえるでしょう。

 

また、営業の仕事が向いていないと今の仕事を通じて思った方は、営業職や成果主義ではない、風通しの良い会社を選択するのがおすすめです。

 

参考:ノルマが無い仕事の5つの具体例|ノルマが無い仕事は楽なのか?

転職した方が良い人の特徴